狂犬病抗体検査

2月初旬の月曜日に血清検査のための採血を
かかりつけの動物病院でしてきました。

いつもより多くの血液をとるため、
首の静脈からとなり、痛々しく見ていられませんでした。

狂犬病抗体検査は日本でできるところは1箇所、
神奈川のRIASのみです。

申請書をRIASのホームページからダウンロードし、
自分で作成して採血日に持って行きました。

獣医師の方でも作成してもらえますが、
とても簡単なので自分でもできます。

必要なのは英語版のみですが、念のため日本語版も作りました。

1.依頼日、出国予定日
2.自分の名前、住所、電話番号
3.かかりつけ医の名前
4.病院の住所、電話番号
5.ペットの種類(犬なのでCanine)
名前、犬種と生年月日
6.マイクロチップNo.と埋込日
7.採血日
8.狂犬病注射接種日と情報
(狂犬病注射済証の情報です)

ここまで記入したら採血の時に獣医師にわたして
9.獣医師のサインと日付
をもらいます。

血栓ができたらクール便で自分で発送できますが、
血栓を作成するのに時間がかかるため、私はここからの手続きを獣医師へ依頼しました。

手数料や送料が余分にかかりましたが^^;
また半日後に血栓をもらいにいったり、クール便用の梱包材を準備することを思えば少し損なくらいです。

採血日から翌週の金曜日には郵便で結果が届きました。
2匹とも大きく抗体値をクリアして、とりあえず一安心です。

【今回の費用】1匹あたり

再診料 600円
狂犬病抗体検査 13000円(RIAS振込分)
採血 1000円
手数料 3000円

もし書類の作成を依頼したら+2000円です。

獣医療には値段の決まりがなく、全て獣医師が決めているとおっしゃっていました。
かかりつけはわりと良心的かなという印象です。

がんばりました!

コメント

  1. […] 1.狂犬病抗体検査​https://monakapan.wordpress.com/2019/02/20/狂犬病抗体検査/​ […]

タイトルとURLをコピーしました