アーユルヴェーダヨガ神戸

今よりちょっと毎日が楽しくなる科学。

Go

シンガポールで狂犬病予防接種

日本で打ったポメラニアンの狂犬病予防接種からまもなく1年が経ちます。

いずれ日本に帰国される場合は、

日本と同じで年に1度狂犬病予防接種を受ける必要があります

渡星時に申請した、狂犬病抗体検査を更新するためです。

(来星から2年以内に帰国する方は必須です)

通常で有れば

狂犬病抗体検査から180日の待機期間を経てやっと日本入国となりますが、
常に狂犬病予防接種を期限切れにしないよう受け続けることで待機免除となります。

一度した抗体検査は2年で有効期間が切れるので、入国前にまた検査をする必要があります。
日本へのペット輸入の詳しくはこちら

私たちは2年もしくは3年在星の予定ですが、何が起こるかわかりませんし、最長でも3年なので切れる前に更新をすることにしました。

いざと言う時愛犬を連れていけないのは非常に困るので、有効期間が切れないようにしたいと思います。

来星してすぐ、カルテを作ってもらっておこうと日本人獣医師の居る病院へ行きました。
しかし、幸いトラブルもなくそれ以降お世話になっていません。

今回の注射もそちらに行くつもりで居ましたが…

知人のワンちゃんに起きたトラブルや私の愛犬の逆くしゃみのことを加味し、
医療設備の充実した別の病院に行くことにしました。

今回行った病院はこちら

Vets for life animal clinic です。

どこかでみた記事で日本人獣医師がいると書いていましたが、現在いませんでした。
しかし、とても親切なスタッフがいますので英語が大して出来なくてもなんとかなりました。

今回は2匹の狂犬病予防接種と
私はフィラリアの薬を与えていないので、フィラリア検査をしてもらいました。

(犬の健康管理と保険についてはまた書こうと思います。)

トータルで300ドルほどかかりました。
フィラリアも2匹とも陰性でした。

結果としては言葉は通じないものの、満足のゆく通院となりました。

ワクチンを接種したら病院から「ワクチンレコード」が発行されます。
こちらはワクチンを打つたびに必要になるので、次回更新の際も持参しましょう。

それからAVS更新に続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました