アーユルヴェーダヨガ神戸

今よりちょっと毎日が楽しくなる科学。

Go

美濃漢方診療所へ

バセドウ病の治療に漢方を取り入れたいと思い、中医を尋ねました。

日本語の通じる漢方中医

ネットで検索すると劉先生という男性の先生がオーチャードで営業されている情報ばかりですが、現在は代替わりされていて娘さんがタングリンショッピングセンターで営業されています。

日本人相手に商売をされているので漢方中医にしては割高だそうでシンガポーリアンの友人に驚かれましたが、保険が適応になるそうなので問題なさそうです。

初回は初診料などと1週間分の薬で500ドルほど、2回目の通院からは2週間分のお薬が出て500ドルほどになりました。

漢方は身体を健康な状態にすることが目的になるので、バセドウ病の治療というよりは理想的な状態に近づけるための栄養補給というイメージです。

なので、その他の慢性的な悩みも一緒に相談すると、熱が溜まっていることで症状が出ているということだったので、熱を身体か出せるよう処方をしてもらいました。

1週間飲んでみて

バセドウ病だけでなく、慢性的な悩みも解消するとのことで1週間飲んでみました。

血液検査の数値も、慢性的な悩みにも変化があり、嬉しかったのでしばらく続けていきたいと思います。

保険の請求はまだしていないので少しどきどきはしますが、おそらく大丈夫だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました