漢方治療の救世主あらわる

バセドウ病が発覚してから漢方治療に通っていた美濃漢方診療所でしたが、先生の産休により10月からお休みになっていました。

美濃漢方診療所へ
バセドウ病の治療に漢方を取り入れたいと思い、中医を尋ねました。日本語の通じる漢方中...もっと読む

漢方治療を諦め切れず、市販の加味逍遙散(バセドウ病に効果あり)を飲みながら、保険の使える中医を探していました。

シンガポールで見つけた英語が通じる漢方中医
先日、私が通っていた日本語の通じる漢方中医さんが諸事情で長期のお休みになってしまいました。...もっと読む

電話しても意味ないよな・・・(涙
と思って諦めていましたが、先日産休に入られた先生の代理で診察してもらえるとのことで、喜び勇んで行ってきました。

代理はなんと先生のお父さん

元々、美濃漢方診療所は先生のお父さんもとい、劉先生が開かれた病院で、私が行く頃には娘である現在の私の先生へ代替りされていました。

いつもの先生もいいお薬を処方してくださいますが、劉先生は経験豊富で自信満々に私に「バセドウ病は完治しますよ」と言いました。

「えーーー!完治するの?!」

いつもは「走りました?(走ってない)ちょっとまだ早いネ、後で測るヨ」とその後測り忘れられてる私の脈ですが、劉先生は「脈が強いね、バセドウ病だから」と言って測ってくれました。

「私の薬は娘のより強いですから」と言って、いつものよりもクセの強いお薬を処方してくれました。

帰国後まで通院を覚悟していましたが、先生は「数値が正常に戻ったら、その後1ヶ月で治るよ。2週間後同じ時間に来れる?」と言われました。

「えーーーーー!そんなに早く?」
あれよあれよと驚いてる間に診察は終わり、興奮気味に帰宅しました。

劉先生はすでにセミリタイアされていて産休の代理となるので、現在美濃漢方診療所では新規の患者さんを受け入れていないそうです。
新規患者さんの受け入れは3月以降先生の産休が明け次第になるそうです。

私、めっちゃラッキーでした。

数値が正常値を迎える

翌日、ラッフルズで定期通院をしたところ、全ての数値が正常値内に入っていました。
おめでたい!

たった2ヶ月半で!優秀^^
これも漢方治療のおかげでしょう^^

「数値が正常になっても、お薬は後半年飲んでね。
お薬が効きすぎると今度は橋本病になっちゃうので、様子を見ながら調整しましょう」とのことでした。

正常値に入ったらあまりたくさんは飲みたくないけど、勝手にやめちゃうと先生もお薬の量管理できなくて困っちゃうからね、飲むよ。

多分すぐ橋本病っぽくなっちゃうと思うけどな、調子悪くなったら調整して先生に報告しよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました