アーユルヴェーダヨガ神戸

今よりちょっと毎日が楽しくなる科学。

Go

【帰国準備】FormACに政府(AVS)の公印をもらう1

【帰国準備】日本入国10日前の獣医の診察を受ける
帰国まで10日をきり、入国のための健康診断を受けに獣医さんを訪問しました。日曜日に訪問した...もっと読む

さて、出国10日をきり獣医さんに最後の健康診断をしてもらったら、サインをもらったFormACをお次はAVSへ提出し、政府の公印をもらいます。

GoBusinessへアクセスし、検索バーに”vet”と入力すると関連するものが出てくるので「Veterinary Certificate」を選んんでApply。

同意画面を進むと、前回の輸出ライセンスを入力した時と同じ要領で情報を入力していきます。

気をつけたいのが、Mode of Transport。
手荷物で機内に持ち込むときと、預け荷物とで選ぶ項目が変わります。

私の場合は預け荷物になるので、Airです。

前回、輸出ライセンスは2匹同時に申し込むことができましたが、今回の獣医証明書は1つの申し込みにつき1匹となります。

2匹連れて帰る場合は、同じ申し込みを2つすることになります。

Ageの部分には月齢まで入れます。

情報の入力が終わったら、書類を添付します。
私の場合は面倒なのでそれぞれひとつのPDFファイルにまとめてアップロードしました。

【必要書類】
・獣医師のサインの入ったForm AC
・獣医師発行の健康診断書(なくてもいい)
ワクチンレコード(マイクロチップナンバーのあるページも)
狂犬病抗体値検査の結果
・動物の輸入に関する届出受理書
ドッグライセンス
エクスポートライセンス

時間はギリギリではなかったのですが、AVSがジュロンにあり少し遠いことと間違えた時のために余裕を持ってエクスプレスで申し込むことにしました。

通常:23ドル
エクスプレス:46ドル

申し込みが完了したら、in Progressに数字が入るので、そこをクリックするとアプリケーションNo,を確認することができます。

つづく

【帰国準備】FormACに政府(AVS)の公印をもらう2
アプリケーションNoまで取得できたら、AVSへ提出する書類をまとめましょう。提出書...もっと読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました